うつ病で障害年金をもらう場合に知っておきたいことと選ぶ基準

病気を治療したい

女性

選び方と知っておきたいことがわかる

働いている時にうつ病になってしまった場合には、うつ障害年金を受け取ることが可能になります。うつ障害年金を受け取るためには、いくつかの条件を満たさなければいけません。この条件を知っているかどうかで、気持ちの余裕が全く異なるでしょう。条件の一つとしては、保険料を納付していることが必要になります。会社員としてはたらいている場合やパートとしてはたらいている場合、会社から給料をもらう時に保険料が引かれていますが、この保険料が2カ月前まで滞納していないことが必要になります。普通に給料もらっていれば、滞納するわけがありませんので、よほど特殊な人でない限りは問題にならないでしょう。うつ障害年金をもらうための書類としては、医者にもらう診断書があります。診断書は絶対に医者に書いてもらわなければいけません。この時、どの医者でもよいわけではなく、初診を受けた時の医者に書いてもらうのが基本になります。どのような症状で障害年金を申請できるか問題になりますが、おおむね働くことができない状態になっていることが重要になります。特に、障害年金の1級と認定されるためには、要介護状態が必要と言えます。一方で、2級の場合は自力で生活することが困難な人がもらうことができるわけです。

うつ障害年金を受給するためには医者に診断書を書いてもらうことが大事になります。この内容が審査に通るかどうかを考える上で最も大事になるといっても過言ではありません。打つ障害年金で精神科や心療内科を選ぶ時には、治療プログラムで選ぶのも一つの方法です。治療プログラムの中に、カウンセリングを頻繁に行っているとすれば、カウンセリングを中心として治療していくことになります。ただ、カウンセリングを行ってそれだけで治療をするならば、相当な時間がかかってしまうため、同時に即効性のある投薬治療などを施すことがあります。いずれにしても、患者の苦痛を可能な限り避けるための施術をしてくれる場合には、そこを選んだほうが無難といえるわけです。配置スタッフなどもよく見ておくことが必要です。特にカウンセリングを行うところは、医者が直接カウンセリングを行うこともありますが、資格を取得しているスタッフがカウンセリングを行うことが多いです。もちろん、医者のカウンセラーの間にしっかりとしたつながりがあり、その日どのようなことを話をしたのか、そして相手はどのような反応があったのかを報告していれば何ら問題はりません。後は、医者やスタッフが話を聞いてくれることも重要になります。優秀なスタッフほど、話をしっかり聞いてくれて患者の隠れた部分を引っ張り出そうとします。患者の人を見てうつ障害年金を申請する時の資料にもなりえるでしょう。

Copyright© 2019 うつ病で障害年金をもらう場合に知っておきたいことと選ぶ基準 All Rights Reserved.