うつ病で障害年金をもらう場合に知っておきたいことと選ぶ基準

判断が難しいうつ病

女性

申請するときに意識しておくべきポイント

うつによって日常生活や仕事に大きな制限が出てしまうこともあります。仕事を続けることも厳しいですし、収入が不安定になって生活にも支障が出てしまいます。そんな時に支えになるが障害年金です。しかし、うつの場合は身体的な障害とは異なり、症状に点数がつけにくいので申請もしにくいのがネックです。特に初めてうつになった方などは、自分では申請する余裕もないでしょうし、判断力も低下しているのでうまく書類にまとめることも難しいかもしれません。うつ障害年金を申請するには医師の診断書と病歴就労状況等申立書が必要です。ここでポイントになってくるのが医師の診断書です。その内容で状態の深刻度が判断されますので、しっかりと医師と連携をとっておく必要があります。そのためには自分の辛いことをしっかりと伝えて、生活への支障を認識してもらう必要があります。また、医師が認識する現状と自分の認識が一致していないと、判断する側は軽い症状の訴えをベースにしてしまう可能性もあります。ですから、初めての方なら医師とのコミュニケーションを密にとって、診断書を発行してもらうことが必要です。この時にマナーとして医師に書く内容を指示したり、うつ障害年金に有利になるような内容に依頼は違反です。専門家の視点から正しく診断するのが医師の仕事です。同じように通院して1回目や2回目ですぐに診断書を依頼するのも、症状が判断できていない段階ですのでやめるようにしましょう。

うつ障害年金は等級があります。症状や生活の支障度合によって該当する等級が異なりますし、等級によってうつ障害年金の受け取る金額も変わってきます。等級は軽いものは3級からあり、1級が一番重いです。等級の目安は3級はうつが繰り返したり断続していて、労働に支障がある場合です。2級だと症状が頻繁にあらわれて生活自体に支障が出る場合が当てはまります。1級になると症状が頻繁で度合いも強く、常時援助が必要になる状態です。どの状態なのかを判断するのに活用されるのが、医師による診断書の存在が大きいです。治療に通っている期間や治療内容、症状の詳細などの情報から、どの段階に当てはまるのか、もしくは当てはまらないのかが判断されます。与えられた等級によってうつ障害年金の金額も異なってきますので、具体的に困難が生じていることを示す書類作成がカギになってきます。生活の支障の具合を図るのに、ガイドラインとなる質問が用意されています。その答えを数値化することで、大まかな等級の目安がわかります。ただ、これはあくまでも目安で一人ひとり症状や環境が異なるので、診断書なども加味して総合的に判断します。体の障害の場合は目に見えますが、うつの場合は良くなったり悪くなったりの繰り返しで、数値で測ることが難しいです。だからこそ、どんなことができなくて仕事や生活が困難になっているかを、情報を集めて審査に活用してもらうことがプラスになることが多いです。

Copyright© 2019 うつ病で障害年金をもらう場合に知っておきたいことと選ぶ基準 All Rights Reserved.