うつ病で障害年金をもらう場合に知っておきたいことと選ぶ基準

うつ病を治すために

ハートを持つ医者

障害年金を利用する目的や気をつけること

社会人がうつ病にかかってしまった場合には、仕事に行くことができない可能性が高まります。会社に行ったとしても、1週間に1日から2日程度しかいくことができず収入が極端に少ない状態が続くでしょう。この場合には、うつ障害年金をもらうことで生活をすることができるようになるかもしれません。障害年金を利用する目的は、生活そのものを維持するためにあります。そのため、余裕ができるほどもらえることはまずないためその点をよく理解しておく必要があります。うつ障害年金でお金をもらう場合は、等級によっても異なりますがおおむね1カ月当たり8万円前後がもらえると考えておけばよいです。結果的に、生活をすることは可能になりますが決してぜいたくをすることができずかなり切り詰めなければいけません。当然その中から、治療費なども出していくことになります。ただ、実はうつ障害年金をもらう場合も働きながらでももらうことが可能になります。具体的には、就労状況を報告し限りなく少ない収入しかれていない場合には障害年金をもらえる可能性が高まります。そのため、1週間に一度程度は会社に行くことができるので障害年金を申請しないというのはもったいないです。まずは、一度申請してみるのがよいかもしれません。

うつ障害年金で気をつけることがあるとすれば、審査になかなか通りにくいことでしょう。うつ障害年金と似たようなものに傷病手当金があります。傷病手当金の場合は、医者から診断書をもらってきてそれを会社に提出することでたいていの場合お金をもらうことができます。ですが、障害年金の場合には審査が厳しく、なかなかお金をもらうことができません。どのような方法を採用すれば審査に通るでしょうか。一番肝心になるのは、医者からもらってくる診断書の内容になります。診断書の内容がしっかりと記入されていれば審査に通りやすいですが、そのためには、障害年金のための診断書を書くことに慣れている医師にお願いするしかありません。結果的に、審査に通りやすくなるでしょう。実は、障害年金をもらうにあたり診断書も重要ですが、就労に関する書類なども提出しなければいけません。これらは、自分で書けない訳ではありませんが、審査に通そうとすると難しいため、専門家にお願いをする必要があります。例えば、社会保険労務士の中には障害年金に関するプロフェッショナルが存在しています。その人にお願いをすれば、障害年金の審査に通りやすい書類を作ってくれるでしょう。結果的に、障害年金をもらうことが可能になります。

Copyright© 2019 うつ病で障害年金をもらう場合に知っておきたいことと選ぶ基準 All Rights Reserved.