うつ病で障害年金をもらう場合に知っておきたいことと選ぶ基準

治療をするにあたり

お金

費用の相場と注目される理由

自分のやりたくない仕事をしている人などは、会社に入ってから仕事を休みがちになることもあります。ただ行きたくないだけならばそこまで問題はありません。しかし、会社に行く時間になるにつれ胃が痛くなり休むことや発熱により休む場合には、うつ病になっている可能性があると疑った方がよいです。ひと月に1回から2回程度休む分にはそこまで問題はないものの、1か月の半分以上が精神的につらくて会社に行けないとすれば、生活をするのもかなり苦しくなってしまいます。その救済手段として、うつ障害年金と呼ばれるものがあります。うつ障害年金の特徴は、少なくとも審査に通れば1年間はもらい続けることができる点です。もらえる金額は100万円未満になるためそれほど多くなるものの、少なくとも国からお金をもらうことができるかどうかで生活ができるかどうかが変わってくるといってもよいでしょう。1級から3級までありますが、一番たくさんお金をもらうことができるのは1級になり97万円前後のお金が入ると考えておけばよいです。3級になるにつれもらえるお金は少なくなりますが、それでも随分と生活が楽になります。申請をする場合には、病院から診断書をもらってくることが必要になりますので、必ず診断書をもらってくることを忘れないようにしましょう。

うつ障害年金が注目されている理由は、働かなくても生活を維持することができることです。もし、うつ障害年金がなかったとすれば、相当苦しい気分になりながら生きなければいけません。ですが、この仕組みがあることによりいやな仕事を忘れて生活をすることができるため、病気の治療にもなるといってよいでしょう。ちなみに、たまに仕事に行けるような状態でも、総合的に考えて生活が苦しいと判断される場合には障害年金をもらうことは可能です。あくまで、総合的に考えての話になりますので、絶対にもらえるとは限りません。ただ、この状態を維持することにより、社会とのつながりがなくなってしまう恐れがあります。いくら病気に対して年金の支給が注目されるといっても、必ず社会復帰をする気持ちでその期間を過ごす必要があります。そして、うつ病になっている場合は自分自身で完治させることが非常に難しいです。多くの場合、心療内科などに通いプロの視点から現在の状態を見てもらうことが重要になるでしょう。結果的に、自分自身で治すことが出来なかったうつ病を治すことができます。当然ながら、病気が治り社会復帰ができた場合には障害年金をそれ以上もらうことができません。次の年は、審査に通ることはありません。

Copyright© 2019 うつ病で障害年金をもらう場合に知っておきたいことと選ぶ基準 All Rights Reserved.